新古車って?

スポンサードリンク
新古車というのは、何らかの理由で”状態は新車だが、中古車としてしか売ることができなくなった車”のことを言います。

新車として売ることができない理由には、販売店に起因するものとユーザーに起因するものがあって、販売店に起因するもので言えば、例えば、営業スタッフが注文を受けた新車のオプションなどを間違えた場合。

車の生産ラインで装着するオプション(メーカーオプション)の発注を間違えたりすると後で変更ができませんから、当然のことながら注文したユーザーからは、仕様違いということでキャンセルされます。

このとき、すでに登録が終わった状態(ナンバーが付いた状態)でのキャンセルだった場合は、使用者歴もしくは所有者歴が付いた後のキャンセルということになりますので、もう新車としては売れなくなってしまうわけです。

ユーザー側に起因するもので言えば、新車を注文した後で実は発注したユーザーに支払い能力がないことが判明し、車を渡すことができない場合などです。この場合も、すでに登録が終わっていた場合は使用者歴もしくは所有者歴が付いてしまいますので、やはり新車として売ることができなくなります。

こういった車が俗に言う新古車として格安で市場に出回るわけですが、「新古車」という表現は中古車販売のルールを定めている自動車公正取引協議会の規約上は不当な表現(消費者を惑わす曖昧な表現のため)とされているため、販売の際に堂々と表示することはできません。

ですから多くの新古車は「未使用車」という名目で店頭にならべられることになります。新古車=未使用車と思えば間違いないでしょう。

中古車販売店の姿勢に注意

スポンサードリンク
新古車・中古車選びの第一歩でも述べたように、現状、優良な中古車は一般的にそれほど多く出回っていません。あるところにはあるといった感じでしょうか。

一方、バブルの頃に一気に増加した中古車販売店は、大分淘汰されてきてはいるものの、まだまだ数多く存在し競争が激しいのが実情です。

ですから、どの中古車販売店の営業スタッフも「何とかして、在庫にある車を売りたい!」というのが本音で、セールス・トークに磨きをかけています。

たとえば、極端な例ですが、黒の車を買いに来たお客さんに対して白の在庫車しかなかった場合、「白の方が無難で人気がありますから、また乗り換えられる場合に比較的高く下取りに出せますよ。」とか「白の方が塗装が強いですから、傷がつきにくいですよ。長く乗られるなら白ですね。」とか言うことで、何とか売ろうとします。

なぜなら、普通の中古車というのは毎月償却が発生し、早く売らないと仕入れたときの値段に見合う価格では売れなくなって、利益を確保することができなくなるからです。

ですから、何ヶ月も同じ車が展示してあるような販売店は”売る気がない”、ひいては”新鮮な商品を仕入れる気がない”販売店ということになります。

こういった販売店で、おトクな新古車・中古車を見つけられる可能性は低いですから、注意する必要があります。とんでもない車を売りつけられる可能性もないとは言えませんから・・・
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。